ごあいさつ

地域の皆様におかれましては、平素よりご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。
弊社は、東京オリンピックを控えた昭和39年(1964年)1月1日、丹後地域においても丹後縮緬で好景気に沸いていた時代に、先代が個人の土木事業者として創業しました。
昭和50年(1975年)、私が先代より事業を引き継ぐのを期に、会社組織へと変更いたしました。
以来、お客様や地元の皆さま、諸先輩方の叱咤激励のお蔭で現在に至っていますことに、心より感謝申し上げます。今日に至るまでには、背伸びをし過ぎて失敗したこともありますが、そのことも貴重な経験として生かし、誠実さとスピードをモットーに社員一丸となり頑張って参りました。
現在では、京都府や京丹後市をはじめとする公共工事、大和ハウス工業(株)、地元の大工さんや多くの皆さまから、仕事の声を掛けて頂くようになりました。
「玄関先の溝蓋一枚から、トイレの水洗化まで」をキャッチフレーズに地域で一番小回りの利く建設業者となり、地域の住民に住みよい暮らしを提供する。お客様の笑顔が、私たちのエネルギー源です。
お気軽にお声掛け頂き、末永くご愛顧賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


【経営理念】

「玄関先の溝蓋一枚から、トイレの水洗化まで」をキャッチフレーズに地域で一番小回りの利く建設業者となり、地域の住民に住みよい暮らしを提供する。